トップ メールマガジン 小林 メールマガジン(195)


小林梶@メールマガジン(195)
                                         2014.9.22

    1.一般状況

  タイでは軍事政権移行後、比較的平穏な日々が続いています。しかし、
  タイ全土では依然として戒厳令が発令中で、軍政当局は反政府活動に対して
  警戒を強めています。筆者は先月、タイ北部のチェンマイに旅行しましたが、
  市の中心部に位置するチャーンプアック門やターペー門の城門で、軍の車両と
  兵士が配備されているのを目撃しました。タクシン元首相、インラック前首相の
  お膝元であり、赤服派こと、UDD(反独裁民主戦線)の構成員の多い
  チェンマイ県では、反政府活動に対して、ピリピリした空気が流れている印象を
  少しだけ持ちました。普段生活しているバンコクでは、主要7箇所の交差点が
 道路封鎖された「バンコク・シャットダウン」は遥か昔の出来事のような気がしますが、
 依然として軍隊が治安警備している地方もあるわけで、その辺は気を抜いては
 いけないのかも、と自戒しました。

  以下、過去の「一般状況」を掲載
  http://www.kobayashi.co.th/business/page/business-info-2.htm#m194

  2.住宅状況 

  数年前までバンコクの日本人居住区といえば、BTSアソークからプロンポン、トンロー、
  エカマイ駅周辺までのいわゆる「スクムビット」地区が有名でしたが、最近はエカマイ以降
  東側の各駅周辺に大型コンドミニアムが続々と完成しており、そちらにも多くの日本人が
  住むようになり、日本人向け賃貸住宅市場のエリアが拡大していることがうかがえます。

  日本から赴任する駐在員のかたが、プラカノンやオンヌットなどの新築物件を選択する
  ケースも増えてきました。「スクムビット」エリアで1ベッドルームの部屋があったとしても、
  同じ家賃でプラカノン、オンヌットエリアで2ベッドルームの部屋が借りられる場合があるのです。
  つまり平米あたりの賃貸単価が安いということ。また、日本ではなかなか住むことができない
  築浅や新築物件に手軽に住めること、などが要因としてあげられます。

  また、タイへの進出企業の業種の多様化ということもあります。数年前までは職種としては
  製造業が圧倒的に多く、郊外の工業団地まで自動車で通勤する人が多かったのですが、
  最近はサービス業をはじめとする様々な日系企業がタイに進出してきており、工場や倉庫
  などが必要ない企業では、バンコク中心部にオフィスを構えるケースが多く、したがって
  従業員は、電車通勤できる場所だったらエリアを問わないということで、比較的家賃の安い
  BTSスクムビット線のエカマイ以東エリアにも住む人が増えているという状況があります。

  バンコクで30年の賃貸物件仲介の実績をもつ弊社では、エカマイ以東の物件も豊富に
  取り揃えています。お住まいをお探しの方は、どうぞお問い合わせお願いします。

   以下、過去の「住宅状況」を掲載
   http://www.kobayashi.co.th/jukiso/jujo-2.htm#m194 

3.新規物件の空室状況
     http://www.kobayashi.co.th/shinbu/shinbu.htm 

4.特選空室情報(1) Hampton Thonglor 10 ( soi Thonglor 10)
     http://www.kobayashi.co.th/jukiso/kuushitsu/kuushitsu2014.htm#195-1

5.特選空室情報(2) BIO House Tower (SK soi 39)
      http://www.kobayashi.co.th/jukiso/kuushitsu/kuushitsu2014.htm#195-2

6.小林ミシュラン(1)「AEQUA」 (Sk soi 49) 〜 堂々5つ星物件!バンコク有数の高級コンドミニアム
      http://www.kobayashi.co.th/jukiso/osusu/2014.htm#195-1

7.小林ミシュラン(2)「CNC Residence」 (Sk soi 23) 〜ソイ33の奥まったエリアにある高級サービスアパート
     http://www.kobayashi.co.th/jukiso/osusu/2014.htm#195-2

8.退居後60日以内、デポジット返却レポート (9月15日現在)
     http://www.kobayashi.co.th/jutoppi/deposit_report-3.htm#depo1409

9.コンプレイン 月間報告7月分
      http://www.kobayashi.co.th/jutoppi/trouble-2.htm#complain_2014_08

10.  タイYOSHIDA バンコク不動産販売 ブログ (9月より開始!) 
      http://ameblo.jp/yoshida-condo/

11. タイYOSHIDA不動産グループ紹介
      http://profile.ameba.jp/yoshida-condo/

    
  小林鰍ナは、イノベーション精神に基づき、良いサービスを目指して、新しい取り組みを 進めております。 お部屋の事やその他の事、何でも遠慮なくお問合せ下さい。 また、弊社のサービスに関するクレームや、 お叱りの声も聞かせ下さい。  

                   小林株式会社 日本人スタッフ一同


E−MAIL情報 (その195)