トップ 社長室 社長の友情欄 読書感想 本の紹介(47)

 

 ■本の紹介(47)

「本は10冊同時に読め!    
-本を読まない人はサルである-


三笠書房

定価 533円+税

 成毛 眞 著

2008年3月発行

 

 とうとう待望の本が出ました。「ジャーン」
 目からうろこが落ちる(注:今まで気がつかなかったことが急に見えてくること)とはこの時に使う言葉なのです。

 この本は、10冊同時に読め!という著者の言いたいことを、 本のタイトルにしているところが注目されます。
実際は、3冊を同時に読め、となっており、1冊ずつ読むより 複数同時に読む「超並列」読書方法を薦めています。

 又、読書についての目的が単なる教養のためではなく、 「クエリエイティブな仕事をしている人に対し必要な能力を身につけるため」とはっきりその目的を述べています。 

 この本の中にいたるところに著者の結論がちりばめられているのも 特徴です。

 「本は最後まで読む必要はない」「忙しい人ほど本を読んでいる」 「本を読まない人はサルである」等々。
 かつて、立花降という人が、
「僕はこんな本を読んできた」を著しており、その中で「10冊本を買って3冊しか読まない」とありました。10冊買っても 1冊読みきれば本代の元が取れる、というものです。

 さて、この著者、成毛 眞(なるけ まこと)さんはどんな人か 知りたいところ。それは本を買って読んでください。