トップ 社長室 社長の友情欄 読書感想 本の紹介(46)

 

 ■本の紹介(46)

「偽装請負     
    -格差社会の労働現場-


朝日新聞社

定価 700円+税

朝日新聞特別報道チーム 著

2007年5月発行

 勝ち組企業、負け組企業の明暗がはっきりしてきた今日、勝ち組企業がどのように勝ち抜いてきたかについて書かれた本です。
 勝ち組になるために法律違反にならぬよう、ギリギリの線を保って行われたのが「偽装請負」制度なのです。

 企業は勝たねばなりません。そうしないと生きのびられないのです。そのためにはあらゆる手段がとられるのです。
 しかし一線を越えると、法律違反という理由で、社会からたたかれてしまうのです。

 新聞記者による記述のため、社会の仕組み、企業の仕組みをザックリと切り込んでおり、リアルにとんだ内容になっています。