トップ > 社長室 > 社長の友情欄 > 読書感想 > 本の紹介(35)

 

 ■本の紹介(35)

 「戦艦大和の
       遺産」

講談社

定価 933円

前間  孝則 著

2005年11月発行


 タイトルが「戦艦大和の・・・」とあるので、戦争に関する内容かと思ったらそうではなく、元NTT会長 真藤恒(しんとうひさし)氏をメインに描いたドキュメンタリー小説でした。

 真藤氏と云えば、リクルート事件を思い出します。彼は、石川島播磨重工業時代に実績を上げ、NTT会長に就任した。その造船技術が、戦艦大和の技術を引き継いでいる、というつながりになっています。

 一応、執行猶予付の有罪判決ですので、かえすがえすも残念。
 「表芸だけではやっていけない」この言葉が、波乱にみちた人生を生きてきた人の言いたかった一言でしょう。