トップ 社長室 社長の友情欄 読書感想 本の紹介(177)
2012.10.12

■本の紹介(177)

「本当のこと」を伝えない
日本の新聞

双葉新書

定価 800円+税

マーティン・ファクラー

2012年7月発行


 この本の著者は、ニューヨークタイムズの東京支局長、ということで、アメリカ人でありながら、日本語を流暢に話すジャーナリストなのです。彼は、新聞記者、つまり、ジャーナリストの使命について、本来あるべき姿を訴えています。

 彼は、ジャーナリストは反権力的立場に立ち、国民の立場に立つべきだ、と主張しています。 又、この本の中で彼は、「記者クラブ」制度が最大のガンであると云いきっています。

 現在、新聞は、インターネットなどの他のメディアにおされて、だんだん経営が苦しくなってきています。そんな中で、マスコミの中の新聞は、その存在価値が問われてきています。

 そんな状況の中で、同じ物書きとして、頑張ってほしい、と願わずにはおれません。
                             ( 2012.10.9 K 記)

【関連情報】
「新聞・TVが消える日」猪熊 建夫(読書感想)
「2011年 新聞・テレビ消滅」佐々木 俊尚(読書感想)