トップ 社長室 社長の友情欄 読書感想 本の紹介(152)
2011.10.28
■本の紹介(152)

決断できない日本

文春文庫

定価 780円+税

ケビン・メア 著

2011年8月発行

日本通のアメリカ人が、新聞で日本人の感情を逆なでし、更迭されたという記事を見て、今時、こんな親日家もいるものかと疑問を持ちました。

日本の友好を願って活躍している彼が、その反対の考えを持つ共同通信社の記者によってハメられた、という事実を知って、残念な思いがします。

 日本とアメリカの外交を考えた時、この本は最高に良い。アメリカ側から見た日米外交が、手に取るようにわかります。

 この本は、個人の立場で日米関係が書かれていますが、現実には国と国との立場で書かれていると思っても間違いないです。

 この本で述べられているように、戦争を起こさないためには、「抑止力」が必要なのです。真の同盟関係を築くには、まずお互いに本音で話し合うことから始めるべきでしょう。
                                            (2011.10.28 K記)